<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< いつもの姿に戻りました。 | main | 大放出 >>
2016この夏の出来事。

 

7月末くらいまで、あまり暑くなかったせいか

今になってこの暑さはきついな...

もう8月も終わりだなんて。あっという間。

去年は今頃からなんだか涼しくなって、一気に秋にむかっちゃったのに。

今年の残暑が厳しそうかな〜。

 

割と涼しかった7月下旬に、実家の1Fの旧アトリエをペンキ塗って

50年ぶりのリニューアル。

もうペンキ塗りとか無理だな...と敬遠してたけど、

やり始めると、夢中になって無心になれる笑


 

塗っていると、いろんなことを考えたり思ったりするんだけど

だんだんと雑念が去ってくので、ここまでという区切りを迎えると

なんだかスッキリ笑

 

実家の庭に突然、雑草のように白いユリが咲いた。

しかもちょうどアトリエを見ているかのように。

どこからやってきたのか分からないけど、きっと何かのメッセージかな。


 

 

今年のバースデーメッセージ1号は高校2年生の甥っ子から。

ちょうどフロリダ留学へ旅立つ成田からメッセージをくれて。

 


 

さかのぼること、今年の3月のお彼岸。

 

甥っ子はアメリカ大好き!しかもNY行きたいだのって。

高校生がいったい何がしたくてNYなの?...って思ったり(笑)

まーほんとに何をもってアメリカなのか?とにかくアメリカかぶれ(笑)

これが反抗期?というのかわからないけど、屁理屈大魔王(笑)

永遠とその塀理屈に義理の姉も甥っ子の弟ですら耳塞ぐほどうんざりぎみ(笑)

 

確かに話を聞いていると、日本は生温いだの日本が大嫌いなんだって。

そういうあなたは一生死ぬまで日本人ですよーとおもいつつ。

単純にアメリカに行きたい理由を並べてこじつけてるだけなんだけど

ホントになんでそんなに?!ってくらいに屁理屈だらけで笑っちゃう。

 

私は初めて聞く話もあって、まだ聞く耳を持てたから甥っ子の屁理屈に、

ん?え?なんで?どうして?とつっこんでみたりして

ちょっといじわるな叔母さん(笑)

 

そこで、あなたね海外に出て行くなら "禅よ ZEN 。それを忘れたらダメよ”

あれをみなさい、って掛け軸の言葉を差しながら(なんていう言葉か忘れたけど)

横でニコニコして黙ってきいてた母がとどめの一言。

 

その言葉に甥っ子はキョトンとしてるけど、ナイスな母の一言。

私ですら、母からそんな一言が飛び出るなんてびっくり。

 

気づけば、おそば屋さんに、もうそろそろ...と即される程の時間まで

屁理屈熱弁大会に(笑)

 

甥っ子はアメリカかぶれなだけあって、マッキントッシュ大好き。

スティーブジョブスは神とおもってるから話も早い。

私も禅とは何か?なんて語れないけど、スティーブジョブスを引っ張り出して

ざっくり日本の禅の精神がどれだけ、海外の成功者に影響を与えたかを

ちょっと話してみたり。

分かっているようで分かっていないんだろうけども。

なぜ?どうして?から何かに気づき見つけてくれたら。

 

 

それから3ヶ月経って甥っ子からのLINE。


 

この夏、2週間フロリダに留学することにしました!って。

あの後、いろいろと自分で考えての行動。

自分で道を探して、たぐり寄せた夢のアメリカ留学。

 

おばさんとしては、とっても嬉しくなってしまった。

 

フロリダでの生活は個人連絡をとることが禁じられているかわりに

ブログやフェイスブックで留学生活を見ることができて、

なんだか毎日チェックしちゃうくらい、とっても楽しんでる様子に

本当に良かったなって。

 

映画に携わる仕事が夢のようなので、

将来、海外で活躍する日本人のひとりになってくれたらいいな。

 

それに触発されてか、自分は何もせずに今の時間を過ごすのか...?と

モヤモヤしていた気持ちから思い切って実行動することに。

私はこの甥っ子が帰国するまでの2週間の間に、わたしも行動しようと!

 

私には子どもがいないけれど、こういうところから刺激を

貰えることってあるんだね。

こんなことがあるなんて想像したこともなかった。

とてもうれしい出来事。

 

 

そして、初ソラマチ、スカイツリー!



 

大人になって初!水族館!今の水族館ってすごいなー。たのしい!




 

ペンギンてこんな近くでみたの初めてかも...

思い出の金魚。

刺激をもらえる話もあって、私もまだまだ楽しみたいことが

あるなと改めて思わせてくれた。

毎年、ステキな時間をありがとう!

 

この12年を一番よく知る人だと思う。

仕事もプライベートも共有できる唯一の存在。

人の縁って本当に不思議。

 

 

 

スポンサーサイト