<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2016この夏の出来事。 | main | 至福の夏休み >>
大放出

 

いろいろと事務所内の整理。

まずは資料雑誌を大放出。

 

一冊一冊どもれこれも、思い出深いものばかりで

放出にはとっても悩んだけど、思い立って吉日で即日にきてもらった

こともあってあまりじっくり選んでる時間なく...


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブリッツまで!

 

洋書も思いで深いものばかりで...

Wもホントはあまり放出したくないけど、もう切りがないから...

ざーっとみてやっぱり捨てられない。。。というものばかり。

好きなAD、photographerが掲載されているものは結局残しちゃったけど。

 

写真だけじゃなくてイラストレーションやアーティスト

今みてもぜんぜん色褪せない。

エリザベスペイトンなんてまさに私の中で今!(来年の1月が楽しみ)



 

LOOKBOOKも。この頃のPRADA、MIUMIUは好きだったな。


 

パリコレで配られる各メゾンのカタログなどなど。

コレクションのカメラマンをしていて

海外ロケのコーディーネーターもしてくれた方から頂いたり

秘密の本屋さんで見つけたり。





 

これはザハ建築の日本であったモバイルアートのときのカタログ。

そんなお値打ちは高くない様子。

 

いろいろと選定してもらいながら、お仕事のお話したり

海外ロケの合間で買い集めたもののお話だったり、

その中で昔、夢だったんですよね...って話だったり。

それは、もうやらないんですか?!

そういうお店ないから、すごくいいと思うんですけどね!と。

 

それでもやっぱり、好きなADやデザイナーが手がけたメゾンのカタログは

仕様も凝っているし売ってるものではないので手放したくなく。

 

いいな〜これ!すごく欲しいな〜!と言われたのが、

paoloroversiが撮ったALBERTA FERRETTIのカタログ。

ものすごく仕様が凝っていて、部数も限定でナンバリングされているもの。

この他にもpaoloroversiオリジナルプリントの入ったカタログなども。


 

また気持ちの整理がついたら連絡しますってことにした(笑)

 

これらの値打ちうんぬんじゃなくて、その一冊一冊を手にしたりめくると

それを見つけたときにドキドキ感とか、

その場所、におい、会話、天気、空の色、光、街並、時間....

いろんなことが蘇ってきて、やっぱりとてもいっぱりいろんなものを

インする吸収力が凄かったなと今でも思う。

 

とくに大好きだったマレにある小さいヒミツの本屋さん。

もう時間のある限りよく行って、あのおじいちゃんはもういないんだろうな...

 

私がアシスタントや駆け出しデザイナーの頃には、

師匠からたくさんの話をきいて育ったけど、

私はアシスタントも付けずにいたから、これらを伝えることもなかったので

どこぞの誰かが、これらを見つけたときに、ワクワクを吸収してくれたらいいなと。

 

スポンサーサイト